あなたの建売住宅購入の参考になる基本情報サイト

建売住宅を選ぶ上で理解すべきこと

結婚した時、子供ができた時、老後の骨休め。
人生における様々なタイミングにおいて、物件を購入することを考える方が多いですね。

不動産やハウスメーカーを訪ねて相談するという流れが基本となりますが、基本的にどこに訪ねるのが良いのか、どんな条件で探すのがいいのかとなかなか判断できないものです。

欠陥住宅、使い勝手が良くなかった、欠陥を訴えても取り合ってもらえず泣き寝入りするしかなかったなんて後悔をしてしまう人も少なくはありません。
そんなことになりたくないのなら、自分自身が正しい判断ができるかどうかが問われるところではないでしょうか。

安易な判断や、ネットや業者の説明を鵜呑みにするというのはあまりお勧めできません。
購入前に手を打つのは当然として、購入後においても劣化、購入時には見つからなかった問題などが出てきたときの対処についても知っておくべきです。
決して安くにない買い物です。持っておくべき知識を学ぶこと、学んだ知識の実践することが大事です。そうすることは、本当の意味でお客様のためを考えている業者にとってもお互いに不満や疑念を残すことがなくなるので、ありがたく思うことでしょう。

このサイトにおいては、建売住宅の購入において見ておいてほしいポイントについてまとめることとします。
受け入れるべきメリット・デメリット、購入するまでの流れ、注意事項などについて、ここだけはというところをまとめています。
素敵な新築購入選びの参考になることを祈ります。

新築を建てる上での心得、見てほしいポイント

家族で住むことを想定して買うことになった際に、注文住宅と建売住宅という選択肢がでてくることになります。どちらでもいいと思う人もおりますが、買った後で「こうしてれば良かった」と後悔される方を少しでも少なくしたいのです。ここでメリット・デメリットについてよく知って、自分なり考えた上で、今後の住宅探しに役立ってくれると幸いです。

トラブルをさけるための業者を選ぶポイント

「経費を抑えて、安く売っていたものを買ったために後悔した」、「欠陥があったけど、購入後は自己責任だからと対応してくれなかった」などという苦い経験をしたくないという理由から、どこの業者が良いかが悩みどころになります。 リスクをできるだけ下げるための業者を選ぶ上でここだけはというポイントを参考にして、選ぶことが重要になります。

見れる!触れられる!活用すべき内覧会

ネットや業者の話だけではなく、自分で判断しないと納得できないという人もいることでしょう。 その考え方は、重要です。 自分で見て、感じて、想像することで心から納得できる上、欠陥住宅をつかまされるリスクも減ります。 内覧会という、「見る」、「触る」が同時にできる内覧会という機会は必ず活かすことです。