あなたの建売住宅購入の参考になる基本情報サイト

トラブルをさけるための業者を選ぶポイント

業者選びのポイント

購入後のトラブルを避ける上で、どの業者を選ぶべきかが悩みどころが多い部分です。
ネットの評判に頼るにしても、自分なりの根拠がないのは不安なことです。
チラシにより、その地域のお勧めの物件が宣伝されることがありますね。
その場合は、「問い合わせ先」が注目ポイントです。
仲介業者か施工会社が問い合わせになっているパターンが一般的です。
この場合は、「施工会社」の方が正確な情報の提供、アフターサービスの対応面において信憑性が高いです。
また、住み心地が良くなかった場合のことも考えなければなりません。
よって、購入して住んだ後の、アフターサービスがあるかどうか、その内容に不備が見られないことを確認するのが望ましいでしょう。


書類の発行における注意点

信用のおける業者選びのために見るべきポイントは、説明しきれないほど多くあるなかでも最終的に重要になってくる、購入してから10年以上たったあとでも利用できるアフターサービスに限定してみるのが良いでしょう。
そのために、図面、建物における詳細な資料、保証書などは必ずもらってください。
そして、もらうだけでなく、中身をしっかりと確認し不備がないことを確認することです。
書類は何年たっても残り続ける不変のもので、契約内容を証明するものです。
一定期間のみ有効、あいまいな基準など例外扱いされないかなどを慎重に見て考えることを心掛けてください。
また、図面や材質などの資料は、後にリフォームやメンテナンスなどの場面でも重要になってくるので、しっかりと管理してください。